実験核物理研究室

九州大学 大学院理学研究院 物理学部門

トップ > 不安定核・AMS

不安定核・AMS

教員

寺西 高

研究紹介

中性子や陽子が過剰な核は通常の核とは異なる構造や性質(中性子ハローや魔法数の異常)をもつことがしだいに明らかになっています。自然界に存在しない極限の不安定核を研究するには、放射性同位体(RI)をビームとして生成し、標的と反応させる「RIビーム実験」が有効です。当グループでは理研RIBFなどの外部施設で実験を行い、まだ誰も見たことのない不安定核の準位を探索し、核構造や宇宙核物理の研究を行います。

一方、九州大学の新加速器施設では、AMS(加速器質量分析)グループと共同して新タンデム加速器システムの立ち上げを行っています、日常的な活動として、タンデム加速器を用いたRIビーム実験技術開発、不安定核・宇宙核物理研究を目指して作業を進めています。

研究例:非束縛核の探索

窒素(陽子数7)の同位体のうち、12N(中性子数5)から23N(中性子数16)までが、核子の束縛系として存在しますが、例えば10N(中性子数3)原子核は存在しないのでしょうか?実は、「共鳴状態」としてごく短時間(10-21 秒程度)の間は存在していると考えられています。このようなエキゾチックな「非束縛核」を探索し、核構造の異常を研究します。

研究例:タンデム加速器によるRIビーム生成

タンデム加速器の特長を生かして中・長寿命核の高分解能RIビームを加速し、核反応実験に利用するという手法の開発を目指しています。そのための基礎技術として、陽子・重陽子ビーム照射によるRI生成ガス標的のテスト、RI用イオン源の開発などを行っています。

特研活動

核物理や実験技術についての輪講を行います。他に、興味に応じて、イオン源、制御系、検出器の開発、データ解析、シミュレーションなどに取り組んでもらいます。加速器に関する部分はAMSグループと共同して行います。物理的な指向を持ちつつ技術面にも興味のある人にお勧めです

実験施設

各種情報

内部向け資料

ページのトップへ戻る