大阪大学核物理研究センター

世界最高性能の検出器の開発を通して、原子核という超高密度量子系の実験的研究、特にスピン応答や、核力(強い相互作用)の高密度核媒質中での変化等を研究しています。

理研仁科センター

共同研究として、偏極重陽子ビームを用いた多体力の研究や、SAMURAIを用いた不安定核のコヒーレントな励起状態の研究等を行っています。

九大加速器センター

タンデム・ビームラインの制御系やFFAG加速器へのビーム入射系の開発をおこなっています。またインターロックシステムの構築も行っています。

研究・新着情報・写真

Research, News, and Photos

SDRのテンソル相関の研究

スピン双極子共鳴(SDR)のスピン・パリティを分離し、テンソル相関の集団励起状態への影響を実験的に初めて観測しました。

安田君の研究成果がPTEPに掲載

安田君の修士での研究成果が国際的な雑誌 Progress of Theoretical and Experimental Physics に掲載されました。

岡本さんの研究成果がPRCに掲載

岡本さんの修士での研究成果が国際的な雑誌 Physical Review C に掲載されました。

旧サイトの各種資料・リンクは

こちら